Site Overlay

倉庫リノベーションとは?メリットやデメリットも紹介します

そもそも倉庫リノベーションってどういう意味?

倉庫リノベーションとは、倉庫を使いやすいように改修することです。使わない倉庫を改修してリフォームすることにより、住居として住めるようにしたり、ショップや会社のオフィスとして活用したりすることができます。既存の倉庫を改修すれば、新しく住居や物件を購入する必要はあないので費用削減に繋がります。新しい空間を生み出し、手軽に住まいや店舗を手に入れられるのが、倉庫リノベーションが人気の理由です。

倉庫のリノベーションのメリットとは

住宅をリノベーションする場合、どうしても取り除けない壁や柱というのがある場合があります。倉庫はもともとが柱があまりなく、柱の数を減らしやすいので、柱の少ない大空間を作りやすいでしょう。倉庫ならば、骨組み状態にして、骨組み以外を丸ごと変えるスケルトンリフォームがやりやすいのもメリットです。倉庫をカフェや飲食店などにリノベーションすれば、店内のゆったりな広々とした雰囲気により、最高のくつろぎ空間を味わうことができます。

倉庫のリノベーションのデメリットとは

何かの荷物を保管しておくために使われる倉庫の場合、必要最低限の設備しかありません。住居やレストラン、ショップとして活用する場合、水道、ガスなどのインフラ工事が必須になるでしょう。電気が通っていない場合は、電気の配線の工事などが必要になります。設備関係にお金をかけすぎると、普通の住宅をリノベーションするのとあまり費用が変わらないということになってしまう可能性があるでしょう。倉庫をリノベーションする場合は、採光のために窓をつけたり、色々な設備の追加工事をしたりしなければならないので、しっかりと計画を立ててからやるようにしなければなりません。

3PLとは自社の物流業務を他社に委託することです。コスト削減などの直接的なメリット以外にも、経営資源の集中による「製品の品質向上」や、在庫の最適化による「キャッシュフローの改善」などのメリットがあります。