Site Overlay

大切だけど厄介な部分も?プライバシーを保護するメリットデメリット

個人情報を守ることができる

プライバシーが保護される最大のメリットは、個人情報を守ることができる点です。個人情報は些細なところから漏れてしまうことが多く、個人で気をつけようとしても難しいものですよね。そのためプライバシーを法律で保護してもらうことによって、自分が守れない情報も社会全体で守ってくれるようになります。特に書類関係や届出関係のものは個人情報をさらけ出すことになるため、個人情報という重要なプライバシーを守ることができるのです。

企業間の信頼関係を築くことができる

またプライバシーを保護することは個人だけにメリットがあるものではなく、企業にとっては取引先との信頼関係を築くための非常に重要なものだと言えます。例えば企業が顧客から収集した個人情報などのプライバシーを全く保護していなかった場合、取引をした会社側の情報も駄々洩れになってしまう可能性がありますよね。そのためプライバシーマークを取得しているなどプライバシーを保護していることを証明していれば、安心してその会社とは取引をすることができます。これは取引先の会社も同じことなので、プライバシー保護を明言することは社会的な信頼を得る上で不可欠なものだと考えられているのです。

手軽に情報を引き出すことができない

プライバシーを保護するデメリットは、本人であっても自分の情報を簡単に引き出すことができない点です。これはメリットでもありますが、保護されたプライバシーは簡単に第三者が引き出せないようになっています。ただこれは第三者だけではなく本人やその家族でも同様で、本人や本人の代理人である証明がなければ必要なプライバシーや個人情報を引き出せないのです。そのため急いでプライバシーを開示したいと思っていても、できないケースも増えてきています。

機密文書は漏洩されると大変です。シュレッダー処理による処分や郵送方法を管理することがポイントとなります。