Site Overlay

法人向けと家庭向けの太陽光発電の違いって何?

法人向けの太陽光発電は大規模な設備で安定供給が可能

法人向けの太陽光発電は、広大な立地で大規模な設備を使って行われるため、莫大なコストが掛かることがありますが、一年を通じて安定的な電力供給ができるといったメリットがあります。特に、環境事業を推進している民間企業においては、継続して太陽光発電に力を入れることで、電力分野に携わる技術者の育成に繋がるのはもちろんのこと、顧客や取引先に好印象を持ってもらえるという効果もあります。最近では、自然環境保護に対する国民の意識が高まる中、太陽光発電について条件を満たす民間企業を対象とした国や自治体のサポートも強化されています。そのため、従来よりも時間を掛けずに低コストで太陽光発電の設備の運用ができるようになっています。

家庭向けの太陽光発電は電気代節約に直接繋がる

家庭向けの太陽光発電は、法人向けと比べると生産できる電力量は圧倒的に少ないものの、電気代節約に直接つながる取り組みとして、各地の一般家庭を中心に普及が進んでいます。また、家庭内で使いきれなかった電力については、予め契約を結んだ電力会社に販売をすることもでき、副業の一環として太陽光発電を始める人も少なくありません。家庭向けの太陽光発電にはソーラーパネルをはじめとした一通りの製品の取り付けが必要となります。地域によっては、自治体がソーラーパネルの設置枚数に応じて助成金を出したり、太陽光発電に関する事業を専門とする工務店を紹介したりすることもあり、初めての人も安心して手続きを取ることができるようになっています。

売電価格は政府が決定しています。太陽光発電の価格については、コストとリターンの両方を確認することが必要です。